風俗の世界へようこそ!このサイトでは風俗に関する色んな情報を掲載していますのご覧ください。

風俗の世界へようこそ

大きく股を広げて舐めてという風俗嬢

ベッドのヘリの方に座って大きく股を広げて、「早くなめて」と下の口から蜜を垂らしながら呼ぶデリヘル嬢。こいつ、まさしく淫乱という名がぴったりの風俗嬢です。

元々ヘルスにいたんですが、最近、結婚して?(笑)デリヘル嬢になった。さすがにお店はやめてくれと夫に言われたけど、性欲だけは尽きることなく、毎日1回しか?(笑)してくれないから欲求不満で死にそうなんだとか。

で、ヘルス時代の店長にあった時愚痴をこぼしたら、系列店のデリヘルにアルバイト来る?と笑いながら言われたみたい。デリヘルは昼の部もあるし、数時間でもいいからって。

夫がいても昼ならいいかという事で引き受け、今では夫の残業がわかっている時もきているんだってさ。とにかくね、いつも下の口が濡れているような風俗嬢です。

電車とかで男の人をみても絶対に触ってはいけないと言い聞かすんだとか。(笑)下の口を舐めて上げるともうがっくがくになってだらだらになって、いきまくりです。Sの方には最高でしょうね。


デリヘルにいったらいとこが勤めていたという驚愕の事実

もう風俗に行くのが嫌というか怖くなったかもしれない事件。僕にとっては驚愕の事件だし、他の人に知れないようにしなければならないし、親戚なんかにももう会いたくないと思うほどの事件。

いや、こういう人もいると思うんだけど、親戚が風俗勤めていたという事実。(笑)たまの出張だ羽目を外そうとばかりにホテルにデリヘルねーちゃんを呼んだんですよ。

どういう子がいいですか?今日はキャンペーン中で指名料が半額ですなんていうから、顔よくてスタイルよくて、お尻が小さい子、おっぱいは大きくてもどっちでもよしと指名した。

するとホテルにやってきた女性を見て驚愕。うぅっと声が出てしまった。だっていとこだったんだもん。いとこも驚愕どころじゃない。だってこの子ね学生なんだよね。大学生。来年卒業だっけ?(笑)

思わず、「お前、何してくれてんだ」といってしまったら「お前こそ、何結婚してて風俗とか呼んでんだ」といわれた。

息子立つ処ではなく、すっかりしょんぼり。やりたいことがあるという事なので、いとこの両親には内緒。っていうか口が裂けても言えないよ。いとこも俺も。(笑)


先生にそっくりすぎて全く行けなかった(笑)

いつも楽しみにいっている月一回の風俗。僕はそんなにお金を持っている方じゃないので、風俗に行くのは月1回が限度です。そういう状態ですから、指名なんてもちろんできないし、オプションつけたくてもオプションも無理。

指名しないから、素敵な子が来るようにって祈るのみ。今まではずれなくきてくれたから今回も大丈夫だろうと思っていたら無理だった―!!俺の担任の先生(小学校の頃・・・その当時40歳くらいだから今60歳くらいか?)にそっくり。

小学校の先生っていうと憧れの先生となる人も少なくないけど、この先生若い時にもぶっさいくだったから、好きになるなんてことはなかった。多分その当時の先生と同じくらいの年齢だと思うけど、出っ歯も唇が異様に厚いところもそっくり。

でもしてもらわないともったいないから、先生にそっくりなデリヘル嬢に咥えてもらった。しかし息子、いう事を聞かない。全く立たない。

「EDなの?」と情けないことをいわれつつも、もったいないから立てよと必死だった。でも行けずに終了。くっそー、俺の月1回の風俗、デリヘルなのに。